トップページ 自力整体とは 教室の案内 メッセージ 体験談
 

  自力整体とは

人間の骨格は本来、左右対称に造られています。

日常の仕事や活動のため、よく使われ疲れて縮んでしまった筋肉と、あまり使われずに筋力が退化して緩んでしまった筋肉に分かれ、良く使って疲労して縮んでしまっている方向へ体は曲がり、歪んだ状態となります。

これを、人の手を借りずに自分自身で筋肉や関節の動きを見ながらアンバランスを正し、修正しようというのが、自力整体です。
疲労した筋肉を、東洋医学の基本的な考え方である気・生命エネルギーを増やし、全身に廻らせるという目的で、指圧などよりリラックスさせて縮みを緩めてやり、また反対に使われなかったために無力化し緩んでいる筋肉群には、力を入れ引き締めてやります。

「気が滞りなくバランス良く廻っている状態」になれば骨格を結んでいる筋肉も緩み結果的に骨格は正されるのです。



そして、“自力整体整食法”“自力整体整心法”をセットで行うことで健康になれますよ!


Copyright © 2016矢上 裕の自力整体“Reibaba”のホームページへようこそ!
  all rights reserved.
by矢上裕の自力整体 "Reibaba" 教室のホームページへようこそ!